今度の4/6(水)に開催予定のだしのわーくしょっぷですが、内容に関するお問い合わせがありましたので。

実施する内容といたしまして

鰹出汁 厚削り 花削り・昆布出汁・野菜出汁・魚のアラ出汁・肉の出汁
これら基本となる出汁のそれぞれを弾きながら味見。

それらをベースとして基本となる料理の「割」の解説。

化学調味料は体に悪そう。じゃあ天然の出汁なら絶対的な正義なのか?

そこからの、旨味と塩分濃度の関係。とそれを巧みに利用した外食産業のマジック。

これらの話を聞きながら、実際にテイスティングし比べてみると
「なぜ感覚・味覚だけに頼って味付けをしたらダメなのか??」ということを、すごくよく実感していただけるかと思います。

 

まず、第一の目的は「うまく出汁が引けない」という悩みを解決していただくこと。
第二の目的は「旨味と味付け」という基本的なメカニズムを、ひとまず実感し、納得していただくこと。

いつもの教室は、基本的に僕はノー準備、生徒さんが来てから「一緒に買い物行きますか」「今日何作りますか?」って感じで進めていくのでレシピも何もない状態でメモを取っていただく、というスタイルですが、今回は内容が割と盛りだくさんになりそうなので珍しくきっちりレジュメ作っていきます。

実食に関しては、今回はちょっとオマケ程度の位置付けかな、と思ってまして、麺か何かを茹でてできた出汁で食べ比べてもらおうかな、と。
ただ、「旨味と塩分濃度の関係」「基本的な割」というのを実感していただきたいので・・・
「カツ丼と親子丼は似てるけど、同じ味の濃さに感じるためには濃さが違わないといけない」
みたいな実験試食みたいなのは入れていこうかな、と思ってます。

参加は・・・・とりあえず、FBページの参加ボタンをクリックしといてください。
またご連絡差し上げます。
だしのわーくしょっぷ

 

あ、早くも別日での開催リクエストをいただいてまして、5月のゴールデンウィーク明けの平日にもやろうと思ってます。ではでは。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。